「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の元使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

行政書士試験合格!!・・・で、その後どうしますか?

 

 

のブログは、試験に合格したけれど

 

いきなり開業したくない。

 

行政書士事務所で働くにはどうすれば良いの?

 

そもそも、行政書士事務所の求人てあまりないんだけど(汗)

 

求人があっても、都市部しかない。しかも給料が安い・・・

 

でも、せっかく取った行政書士の資格を活かして働きたい!

 

と、悩んでいるあなたに読んでもらいたくて始めました

 

ごあいさつが遅れました。

行政書士の手塚進といいます。

 

以前、この業界では珍しい『使用人行政書士』という立場で仕事をしていました。

開業せず、給料を頂きながら働くサラリーマン行政書士でしたが、現在は独立して、行政書士と社会保険労務士事務所の代表をしています。

 

インターネットで求人を探している方は、このブログ以外にも色々なところで情報収集していると思います。

 

でも、その多くは悲観的な内容じゃなかったでしょうか?

 

独立開業するための資格だから自分で仕事をするしかない。

 

そもそも人を雇えるほどの余裕のある事務所がない。など。

 

独立開業マニュアルやセミナーはいっぱいあるのに、この業界の求人の探し方や就職活動の仕方を教えてくれるものはありません。

 

求人が少ないことはたしかです。

 

でも、補助者として働いている方は全国にいくらでもいます。

 

求人を見つけられる人、見つけられない人。

 

採用される人、されない人。

 

何がどう違うんでしょうか?

 

行政書士事務所に採用されるにはコツがあります。

 

これを僕自身の経験と他の採用者の方の経験を交えながら、書いていきたいと思います。

 

また、はじめはどこかの事務所で経験を積んでから独立したい。

そう考える方は多いです。

 

でも、『どこかの事務所で経験を積む』ということができず、いきなり開業して右も左も分からぬまま廃業していく仲間がどれだけいることか。

 

それが、『食えない資格』

という烙印を業界が押され続けている一つの理由になっているんじゃないかと思うのです。

 

甘っちょろい考えかもしれませんが、新人が実務経験を積んでから独立できる環境が増えれば、廃業者が減り、行政書士の地位ももっと向上するのではないでしょうか。  

 

 

僕が合格したのは、平成18年でした。

当時、大学を卒業したての23歳です。

 

その頃は、今よりももっと求人は少なかったのです。

 

その僕が、どうやって、開業するのではなく、また、群馬県という地方で正社員として就職し、その後現在に至ったのかを書いてみたいと思います。

 

このブログが、あなたの就職活動のヒントになり、行政書士の仕事に夢を持って頑張る仲間が一人でも多く増えることを願っています。

 


行政書士 ブログランキングへ

資格の呪縛

たしかに、社労士なんですけど・・・

 

行政書士だけじゃ食えないから他の士業と兼業するという方がいます。 

 

僕は行政書士と社労士を兼業していますが、売上でいえば行政書士が8割、社労士は2割程度です。

食えないから兼業しているのではなく、逆に、兼業していることのデメリットを最近感じるようになりました。 

 

元々、行政書士(建設業関係)の仕事がメインで、社労士は相性が良いのでサブで登録しているというのが僕のスタイルです。

 

ところが、僕の仕事をよく知らない方からすると、行政書士のイメージが分かりづらいので、社労士として僕を見ようとしてくるのです。

 

たとえば、

続きを読む

行政書士の将来性~行政書士はAIに仕事を奪われるか?~

僕はAIの参入に賛成

 

かなり前から、AIの参入によって士業が仕事を奪われるんじゃないか、という話が雑誌やらで取り上げられています。

 

たしかに、AIが参入して仕事を奪われる士業も出てくると思います。ですが、それはダメな士業が淘汰されて、本当に実力のある士業が生き残り、顧客にとっては良い結果を生むのではと僕は思っています。

 (後で書きますが、業務の中でもお使いのような雑務に近い業務もあります。こういう業務はAIで省略できるようになれば助かります。)

 

なので、士業は『代書屋』『手続屋』から、より専門性の高い業務に特化したり、お客さんの問題を解決する『コンサルタント』に進化する必要があると思うのですが、今回はそういう話をしたいのではないのです。

 

AIが進歩して、食えない資格の代表である行政書士は真っ先に仕事を奪われると思う方もいるかもしれません。

ですが、僕はまったくそう思えず、むしろ、他の士業に比べて行政書士の未来は明るいと思っています。

 

AIによって税理士や社労士が仕事を奪われるなら、当たり前のように行政書士も、と考えるのはちょっと違うと思うのです。

 
 というのも・・・

 

続きを読む
スポンサーリンク