「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の元使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

行政書士試験合格!!・・・で、その後どうしますか?

 

 

のブログは、試験に合格したけれど

 

いきなり開業したくない。

 

行政書士事務所で働くにはどうすれば良いの?

 

そもそも、行政書士事務所の求人てあまりないんだけど(汗)

 

求人があっても、都市部しかない。しかも給料が安い・・・

 

でも、せっかく取った行政書士の資格を活かして働きたい!

 

と、悩んでいるあなたに読んでもらいたくて始めました

 

ごあいさつが遅れました。

行政書士の手塚進といいます。

 

この業界では珍しい『使用人行政書士』という立場で仕事をしていました。

独立開業しないで、給料を頂きながら働くサラリーマン行政書士でしたが、脱サラして、現在は行政書士事務所と社会保険労務士事務所の代表をしています。

 

インターネットで求人を探している方は、このブログ以外にも色々なところで情報収集していると思います。

 

でも、その多くは悲観的な内容じゃなかったでしょうか?

 

独立開業するための資格だから自分で仕事をするしかない。

 

そもそも人を雇えるほどの余裕のある事務所がない。など。

 

独立開業マニュアルやセミナーはいっぱいあるのに、この業界の求人の探し方や就職活動の仕方を教えてくれるものはありません。

 

求人が少ないことはたしかです。

 

でも、補助者として働いている方は全国にいくらでもいます。

 

求人を見つけられる人、見つけられない人。

 

採用される人、されない人。

 

何がどう違うんでしょうか?

 

行政書士事務所に採用されるにはコツがあります。

 

これを僕自身の経験と他の採用者の方の経験を交えながら、書いていきたいと思います。

 

また、はじめはどこかの事務所で経験を積んでから独立したい。

そう考える方は多いです。

 

でも、『どこかの事務所で経験を積む』ということができず、いきなり開業して右も左も分からぬまま廃業していく仲間がどれだけいることか。

 

それが、『食えない資格』

という烙印を業界が押され続けている一つの理由になっているんじゃないかと思うのです。

 

甘っちょろい考えかもしれませんが、新人が実務経験を積んでから独立できる環境が増えれば、廃業者が減り、行政書士の地位ももっと向上するのではないでしょうか。  

 

 

僕が合格したのは、平成18年でした。

当時、大学を卒業したての23歳です。

 

その頃は、今よりももっと求人は少なかったのです。

 

その僕が、どうやって、開業するのではなく、また、群馬県という地方で正社員として就職し、その後現在に至ったのかを書いてみたいと思います。

 

このブログが、あなたの就職活動のヒントになり、行政書士の仕事に夢を持って頑張る仲間が一人でも多く増えることを願っています。

 


行政書士 ブログランキングへ

使用人から独立して約半年経った現在の状況

 

早いもので、開業してからほぼ半年が経とうとしています。

東京での修行時代が2年半、使用人行政書士として7年半、計10年間下積みを積んだ後に地方で独立した僕の現状をお知らせしたいと思います。

 

開業して良かったこと

ぶっちゃけ、収入が上がりました。

 

地方なので毎月100万円とまでは言えませんが、今時点で使用人時代の年収を越えています。これもひとえにお客さんと応援してくださった方々のお陰です。本当にありがたいです。

 

僕の場合、専業主婦の妻と子ども2人、住宅ローンを抱えての独立だったので、清水の舞台からダイビングする思いでしたが、貯金を崩すこともなく生活できています。もちろん、この先どうなるかわかりませんが・・・。

 

収入が上がったことは自慢話としてではなく、『行政書士で開業しても食える』ということを知ってほしくて書いています。

 

社労士で食ってんだろ!

と思われるかもしれませんが、社労士の売上は全体の2割程度で、今のところあってもなくても大して影響はない状況です。僕は行政書士がメインで行政書士の補助業務として社労士業務をしているので。それにしても社労士は会費が高い・・・。

 

他に良かったことと言えば、家族との時間が圧倒的に増えました。

 

使用人時代の2倍、いや3倍はあるんじゃないでしょうか。

僕の場合は自宅で開業したのと、妻が育休中で赤ちゃんと家にいるので、出かけなければ朝から晩までずーっと一緒です。

 

家にいると暇に思われるのか、妻からは育児を手伝うように言われる始末です。

 

使用人時代は、仕事から家に帰ってくると、子どもは寝てしまっていることが多かったのですが、今は子どもと一緒にお風呂に入ったり、パトレンジャーごっこをして遊んだりできるので幸せだなぁと思います。

 

収入も上がって自由な時間も増えた、というのがこの半年で実感していることです。

 

ストレスもありません。

 

もちろん、来月は稼げるかなぁと考えたりしてウツになりそうなことはありますが、仕事自体はやらされているわけではないので、楽しくこなしています。

 

開業してから人脈が一気に広がりました

半年の間に、色んな方々と出会うことができました。

 

税理士の先生、社労士の先生、銀行の方・・・

 

開業したことで、色んな方を紹介して頂いて、「○○さんから話を聞いてお電話しました」と地元では有名な税理士先生からいきなりご連絡を頂いた、なんてこともありました。

 

こんな経験は使用人時代にはあり得なかったことです。

 

やはり、開業するとリスクも大きいですがチャンスも大きいと感じます。

 

この味を覚えると、もうサラリーマンには戻れません。

 

今後、改善したいこと

自営業になって、勤務時間というものがなくなり、いつまででも仕事ができるようになりました。

このブログも、夜中に仕事が終わってから書いています。明日も午前中に打ち合わせがあるのでちゃんと起きないといけません。

 

今までは会社が生活リズムをコントロールしてくれていましたが、自営業になると自分でコントロールしなければいけません。

 

特に僕の場合は、自宅で仕事をしているので、正直いつでも仕事を始められますし、いつでも止められます。ただ、オンとオフの境目がないので、プライベートとのメリハリをつけるのがとても大変です。

この点を改善していけたらいいなと思います。

 

もう少し安定して稼げるようになったらアパートでも借りたいなぁ、と思うこの頃です。

 

できる専門家ほど○○○○を使わない

 

昨日会ったお客さんの話です。

 

お客さんは、ある会に参加していて、そこでは弁護士やら有名大学を出たエリートの方ばかりが集まるらしいのですが、難しい専門用語ばかりが飛び交っていて何を話しているのかまったく分からないのだそうです。

 

こういう場合、お客さんは「自分が無知だから・・・」と言うことが多いのですが、僕はそんなことないと思います。

 

特に士業の世界では、専門用語を使う方が多いのでよくあることだと思うのですが、僕がこれから士業を目指す方に言いたいのは

 

専門用語に逃げるな

 

ということです。

 

続きを読む
スポンサーリンク