「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の元使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

行政書士試験合格!!・・・で、その後どうしますか?

 

 

のブログは、試験に合格したけれど

 

いきなり開業したくない。

 

行政書士事務所で働くにはどうすれば良いの?

 

そもそも、行政書士事務所の求人てあまりないんだけど(汗)

 

求人があっても、都市部しかない。しかも給料が安い・・・

 

でも、せっかく取った行政書士の資格を活かして働きたい!

 

と、悩んでいるあなたに読んでもらいたくて始めました

 

ごあいさつが遅れました。

行政書士の手塚進といいます。

 

以前、この業界では珍しい『使用人行政書士』という立場で仕事をしていました。

開業せず、給料を頂きながら働くサラリーマン行政書士でしたが、現在は独立して、行政書士と社会保険労務士事務所の代表をしています。

 

インターネットで求人を探している方は、このブログ以外にも色々なところで情報収集していると思います。

 

でも、その多くは悲観的な内容じゃなかったでしょうか?

 

独立開業するための資格だから自分で仕事をするしかない。

 

そもそも人を雇えるほどの余裕のある事務所がない。など。

 

独立開業マニュアルやセミナーはいっぱいあるのに、この業界の求人の探し方や就職活動の仕方を教えてくれるものはありません。

 

求人が少ないことはたしかです。

 

でも、補助者として働いている方は全国にいくらでもいます。

 

求人を見つけられる人、見つけられない人。

 

採用される人、されない人。

 

何がどう違うんでしょうか?

 

行政書士事務所に採用されるにはコツがあります。

 

これを僕自身の経験と他の採用者の方の経験を交えながら、書いていきたいと思います。

 

また、はじめはどこかの事務所で経験を積んでから独立したい。

そう考える方は多いです。

 

でも、『どこかの事務所で経験を積む』ということができず、いきなり開業して右も左も分からぬまま廃業していく仲間がどれだけいることか。

 

それが、『食えない資格』

という烙印を業界が押され続けている一つの理由になっているんじゃないかと思うのです。

 

甘っちょろい考えかもしれませんが、新人が実務経験を積んでから独立できる環境が増えれば、廃業者が減り、行政書士の地位ももっと向上するのではないでしょうか。  

 

 

僕が合格したのは、平成18年でした。

当時、大学を卒業したての23歳です。

 

その頃は、今よりももっと求人は少なかったのです。

 

その僕が、どうやって、開業するのではなく、また、群馬県という地方で正社員として就職し、その後現在に至ったのかを書いてみたいと思います。

 

このブログが、あなたの就職活動のヒントになり、行政書士の仕事に夢を持って頑張る仲間が一人でも多く増えることを願っています。

 


行政書士 ブログランキングへ

『雇う側が求めていることは何か?』を考える

 

行政書士試験の合格発表があり、合格者の中には行政書士事務所への就職、転職を考える方も多いと思います。

 

・自分は実務を知らないから就職して経験を積んでその後独立してみたい!

 

・できれば、給料は月給で社会保険にも入りたい!休みも多い方が良い!

 

・個人事務所よりも行政書士法人の方が安定してそう!

 

そう思っていませんか?

 

これらはすべてあなたの希望です。

 

反対にあなたを雇うことによって相手が得られるメリットも考えてみましょう。

 

こちらの求めるものはポンポン思いついても、雇う側が求めるものとなると、う~ん・・・となりませんか?

 

人を雇おうとしている人はどんなことを考えているのでしょうか?

 

参考までに、僕が思う雇う側の気持ちを書いてみまます。

 

・忙しいから実務を教えている時間はない。どんどん自分で勉強して実務をこなせる人に来てほしい。

 

・言われて動く人でなく、自分から積極的に動く。マジメで勉強熱心で上昇志向のある人が欲しい。

 

・入社して3年くらいで辞められては困る。できればずっといて欲しい。

 

・今までは申請書を作ったり自分でしてきたけど、そういう作業労働からは離れて、もっとマーケティングや事務所の拡大など経営に時間を割きたい。

 

・自分の時間を今まで以上に確保しながら、スタッフだけで仕事が回る仕組みを作って顧客や収入をもっと増やしたい。

 

・優秀な人材を雇って自分のステージを今よりもワンランク、ツーランク上に上げていきたい。

 

・給料はなるべく成果報酬型にして、結果を出す人間には多く給料を払いたいけど、当たり前のことをしてるだけのスタッフにはなるべく給料を出したくない。

 

・集客できるシステムを作って、依頼がきたらスタッフがすべて対応できるようにしたい。自分は作業をするのではなく、書類や業務の進行をチェックするくらいにしたい。

 

どうでしょうか?

 

あなたに何が求められているか伝わりましたか?

 

もちろん、上に挙げたことをすべての先生が望んでいるわけではありませんが、スタッフとして求められているものは、それくらい高くシビアなものだと思っていた方が僕は良いと思います。

 

相手が求めているのは『ただのスタッフ』ではなく『優秀なスタッフ』です。

 

そんな都合の良い人材がいるかいな!

と思われるかもしれませんが、そういうあなたも都合の良いことを考えているのです。

 

この雇う側の視点を無視して、あなたの要求だけを主張しても就職活動はうまくいかないと思います。この視点がない履歴書や自己PRは、雇う側が見ていて全く魅力を感じないからです。

 

「行政書士試験に合格しました!」

は特別なことでもなんでもありません。普通のことですし他の応募者も同じです。

 

人手不足の時代とはいえ、雇う側は採用に慎重になっています。

優秀な人材を集めるために求人に経費をかける事務所も増えてきました。

雇う側も失敗したくないのです。

 

就職は雇う側とあなたのビジネス(駆け引き)です。

私を雇うとあなたにこんな良いことがありますよ!

と相手が得られる何かを必死に考えましょう。

 

あなたを雇ったら、私(雇う側)にどんな良いことがあるの?

これに対しての答えが、あなたの価値です。

 

先生はスタッフを雇ってどう変化したいのか?何から解放されたいのか?

 

資格だけで経験がなくても相手の立場で考えれば思いつくことがあるはずです。

 

スポンサーリンク