「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の元使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

行政書士試験合格!!・・・で、その後どうしますか?

 

 

のブログは、試験に合格したけれど

 

いきなり開業したくない。

 

行政書士事務所で働くにはどうすれば良いの?

 

そもそも、行政書士事務所の求人てあまりないんだけど(汗)

 

求人があっても、都市部しかない。しかも給料が安い・・・

 

でも、せっかく取った行政書士の資格を活かして働きたい!

 

と、悩んでいるあなたに読んでもらいたくて始めました

 

ごあいさつが遅れました。

行政書士の手塚進といいます。

 

以前、この業界では珍しい『使用人行政書士』という立場で仕事をしていました。

開業せず、給料を頂きながら働くサラリーマン行政書士でした。(現在は独立して、行政書士と社会保険労務士事務所の代表をしています。)

 

インターネットで求人を探している方は、このブログ以外にも色々なところで情報収集していると思います。

 

でも、その多くは悲観的な内容じゃなかったでしょうか?

 

独立開業するための資格だから自分で仕事をするしかない。

 

そもそも人を雇えるほどの余裕のある事務所がない。など。

 

独立開業マニュアルやセミナーはいっぱいあるのに、この業界の求人の探し方や就職活動の仕方を教えてくれるものはありません。

 

求人が少ないことはたしかです。

 

でも、補助者として働いている方は全国にいくらでもいます。

 

求人を見つけられる人、見つけられない人。

 

採用される人、されない人。

 

何がどう違うんでしょうか?

 

行政書士事務所に採用されるにはコツがあります。

 

これを僕自身の経験と他の採用者の方の経験を交えながら、書いていきたいと思います。

 

また、はじめはどこかの事務所で経験を積んでから独立したい。

そう考える方は多いです。

 

でも、『どこかの事務所で経験を積む』ということができず、いきなり開業して右も左も分からぬまま廃業していく仲間がどれだけいることか。

 

それが、『食えない資格』

という烙印を業界が押され続けている一つの理由になっているんじゃないかと思うのです。

 

甘っちょろい考えかもしれませんが、新人が実務経験を積んでから独立できる環境が増えれば、廃業者が減り、行政書士の地位ももっと向上するのではないでしょうか。  

 

 

僕が合格したのは、平成18年でした。

当時、大学を卒業したての23歳、社会人経験もなく世の中のことは何も知りませんでした。

 

そして、その頃は今よりももっと求人は少なかったのです。

 

その僕が、どうやって、開業するのではなく、また、群馬県という地方で正社員として就職し、その後現在に至ったのかを書いてみたいと思います。

 

このブログが、あなたの就職活動のヒントになり、行政書士の仕事に夢を持って頑張る仲間が一人でも多く増えることを願っています。

 


行政書士 ブログランキングへ

まだ36歳ですが、後継者を探しています

最近、早く引退したいなぁ、、、と思うことが多くなりました。

 

仕事をしたくない、ということではなく、より経営に専念したいという意味でです。

 

事務所の業績は安定していますし、仕事を増やしたいと思えば、広告を出せば取れるのですが、正直、これ以上ガツガツ仕事をしたいと思いません。疲れました。

 

なので、今は広告も出してませんし、仕事の依頼があってもお断りしています。(特に社労士業務)

 

こんな状態なので、今後のことを考えると、僕とアルバイトさんだけでは、これ以上の成長はないなという感じです。

 

群馬で一番の行政書士事務所になる

 

という想いは変わりませんが、最近は弱気です。

 

別に生活には困ってないし、今以上に業績を上げる必要はないんじゃないか。忙しくなるだけだし。一人一人のお客さんとの関係も薄くなるし。

 

と思うこともあります。現状に落ち着いてしまいたいという誘惑に負けそうです。

 

でも、

 

食えねー食えねー言われ続けている行政書士業界を変えたい。

 

あんな悔しい想いを、これから行政書士を目指す後輩たちがしなくて済むようにしたい。

 

その願いが強く、それを叶えるためにはやはり『仲間』が必要なのだと。

 

結局、自分一人の力なんてこの程度なんです。卑下しているわけでも何でもなく。

 

あぁ、仲間が欲しい。

 

僕と同じ志のある方であれば、将来的には事務所をお譲りしたいとも思っています。

 

僕は自分の子どもに後を継がせたいという気持ちはこれっぽっちもないので。(そもそも資格がなければ継ぎようもないですが)

 

僕の計画では55歳で引退するつもりですが、もっと早く引退したいです。

 

死ぬまで社長!なんてまっぴら御免です。

 

誰か僕を早く引退させてください。

 

【40代、無資格、未経験】それでも補助者としてスカウトした理由

先月、補助者(アルバイト)を採用しました。

 

その方は女性ですが(ここではAさんと呼びます)、タイトルにあるとおり、資格もなければ、行政書士の実務経験もありません。失礼ですが、履歴書に書ける内容では、これと言って特別なキャリアをお持ちの方ではないのです。しかも年齢は僕より10歳近く上です。

 

しかし、僕はAさんをスカウトして採用しました。Aさんの経歴はもちろん、名前すら知りませんでした。それでも、是非、ウチに来て頂きたいと思ったのです。

 

それはなぜか、、、

 

続きを読む
スポンサーリンク