「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

【実録】ライバルなし!競争率0%の採用面接

 

実は3月の終わりにウチの事務所で採用面接をしました。

 

面接をしたのは男性で、過去に僕が書いた記事を読んで「現在も募集をしていますか?」と僕に直接メールをくれたのがきっかけでした。

gyouseishoshikyuujin.hatenablog.com

 

ウチの事務所は特に人手不足という状況ではありませんでしたので『募集はしていませんが、ウチで働きたいということであれば、履歴書をお送りください』とだけお答えしました。

 

最終的に採用するかしないかの判断は私ではなく事務所が決めることですから、まずは履歴書を送って頂こうと思ったのです。

 

そしてどうなったか・・・

 

面接をすることになりました。

 

もちろん、僕のブログがきっかけであることは事務所に話していませんし、その方も面接で僕のことは一切話しませんでした。

 

100パーセント、その方は自分の力で面接までこぎ着けたのです。求人が出ていない事務所に応募したのにもかかわらずです。

 

こういう状況を作り出せればチャンスです。

 

何しろウチの事務所が面接しているのはその方だけですから、ライバルがいません。

 

そして面接の結果、見事内定が決まりました。  

 

前にも書きましたが、この業界は求人募集にあまりお金をかけたがりません。

なぜなら就職したいという人が多く、買い手市場だからです。

お金をかけなくても、働きたいという人が向こうからやって来るのです。

 

ウチの会社でもある求人サイトに広告を載せましたが1ヶ月20万円?とか結構なお金がかかった割に応募者もあまりなく、2ヶ月程でやめてしまいました。

 

ですから、あなたも求人が出るのを『待つ』のではなく『掘り起こす』ことをしてください。

 

どうやって??

 

リサーチして、聞け

 

これだけのことです。

 

インターネットやハローワークに出ている求人は氷山の一角にすぎません。

求人を積極的に出しているのは、本当に人手が不足していて、スグにでもスタッフが欲しいと困っている事務所だと思っていいでしょう。

 

そうではなくて、積極的に募集をしていなくても、今回のように『良い人材がいれば積極的に採用したい』という事務所を探し当てるということが必要です。

 

そのためにはホームページでもブログでも何でも調べて仕事をバリバリやっていそうな事務所を探す。そして電話やメールで問い合わせて聞くということが必要だと思います。

 

※ウチの事務所では、行政書士・社労士の求人募集はしばらくないと思われますのでご了承ください。

 

スポンサーリンク