「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

5年に一度現れる行政書士

 

前にも似たようなことを書きましたが・・・

 

依頼のときだけお客さんに連絡を取るというのはどうかと思うのです。

 

たとえば、僕は建設業許可申請の代行を仕事にしていますが、許可の有効期間は5年です。他の許認可も有効期間があるものはほとんどが5年です。

 

なので、5年毎に更新をしないといけないので、「更新の時期ですが、今回はご依頼されますか?」と連絡を入れてお客さんに会いに行く(来てもらう)ということがあります。

 

なかにはこの連絡すらしないで、逆にお客さんからの連絡待ちという事務所もあると思います。いや、意外に多いと思います。

 

まったくこの業界を知らない方が聞いたらどう思うでしょうか??

 

自動車屋さんで言えば、車検の時期に案内しないのと同じです。

同業者を悪くは言いたくないのですが、要するに本気でやってる先生の方がまだまだ少ないということなんです。それで『食えない、食えない』と言ってるんですから、当たり前だと思いませんか?

 

僕は5年に一度だけ連絡するのだってどうかと思うのです。

 

『あぁ、この行政書士に依頼して良かった』

『またお願いしよう』

と思われる仕事をしただけじゃ足りないと思っています。

 

建設業は毎年の届出がありますが、それも1年に1度だけです。

 

1年に1度だって電話するときは

『ご無沙汰しております』

から会話が始まりますよね。

 

なんだかすごく距離感を感じます。

 

ましてや5年に1回なんて、お客さんは自分のことを忘れてるんじゃないかと電話するのも怖いくらいです。

 

『仕事のときだけ連絡してきおって』と思われても仕方ありません。

 

だから、というわけではないのですが、

電話したら

『いつもお世話になってますー(ハート)』

くらいの感じで話せる関係でいたいと思います。

 

そのためには、日頃からお客さんに喜んでもらうためにはどうしたら良いか考えます。

 

そうして思いついたことを実行していると、仕事がなくてヒマになるなんてことはないと思うのです。

 

スポンサーリンク