読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

平成26年行政書士試験が微妙な結果だったあなたへ

行政書士試験

成26年の行政書士試験が11月9日に行われました。

 

受験生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

試験後の解答速報を見てどうでしたでしょうか?

 

全然ダメだった・・・。

 

惜しくも足きりにあってしまった。

 

合格か不合格か微妙なところで気持ちが悪い。

 

という結果であれば、今のあなたの気持ちは死ぬほどよく分かります。

 

なぜなら、そのすべてを僕自身も経験してきたからです。

 

僕は行政書士試験を3回受けてます。

 

1回目は、一般知識(当時は一般教養)で足キリ

 

2回目は、足キリにはあわなかったものの、合格点に1点足りず不合格

 

3回目にしてようやく合格できました。

 

日頃積み重ねてきた努力を、残酷にも、年に1回たった数時間の試験で評価されてしまうのが士業の試験です。

 

そのプレッシャーは、一生懸命頑張ってきた人にしか味わえません。

 

試験が終わっても気持ちは落ち着かないでしょう。 

 

僕も、試験終了後は各予備校の解答速報をかたっぱしから見ました。

 

予備校によって正解肢が分かれる問題もあります。

 

自分の合否が微妙なラインにあるときは、それはも~憂鬱です。

 

合格発表は年明けですから、気持ち悪いまま年を越します。

 

でも、そんなあなたにあえて言わせて頂きます。

 

試験のことは忘れてゆっくり休んでください。

 

予備校の解答はあくまで予想でしかありません。

 

本当の結果は来年1月にならないと分からないのです。

 

まずは、受験をやり抜いた自分にお休みというご褒美をあげましょう。

 

結果はどうあれ、あなたは立派です。

 

 

行政書士試験に1点差で落ちて、その後3回目の受験で合格した男の話

行政書士試験にあと1点で落ちた僕に親父は言った - 「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

スポンサーリンク