読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

行政書士の開業マニュアル・成功本は世に多くあれども・・・ 試験合格者待望の「行政書士 就職ノウハウブログ」がついに登場! 群馬の使用人行政書士が『行政書士事務所の求人はない』を斬る!! 未経験者のための実務に役立つ(?)情報も公開!!

決算書って何?

認可の仕事をしていると、会社の決算書を見たりして、会社の経営状況を確認しなきゃいけないことがあります。 

 

が、慣れないうちは、数字だらけの決算書の見方もわからないし、そもそも決算書って何?って感じです。

 

僕は数字を見るのがキライです(キッパリ)

でも、決算書の見方が分かると実務で役に立ちますし、お客さんのことを理解できます。

 

行政書士だし会計のことなんてわからないも~ん、では困る場面もあります。

 

ちなみに決算書を見るときに簿記の知識はいりません。

簿記の知識は決算書を作るために必要なのであって、決算書を読むためのものじゃないからです。

意外に思うかもしれませんが、簿記の資格を持っていても、決算書を見て会社の経営状態が読み取れない人はゴロゴロいます。

 

決算書は

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)』と

損益計算書(そんえきけいさんしょ)』の2つでできています。

 

僕が前に所属していた事務所の所長は、その昔、貸借対照表を賃貸借契約書と間違えてお客さんの前で大恥をかいたことがある、と言っていましたが、全然ちがうものなのでご注意を(笑)

 

決算書は、簡単にいえば、お見合いのワンシーンみたいなもんです。

 

「年収はいくらくらいあるのかしら?」

「1000万円です。」

「あら♡」

 

このやり取りが、損益計算書です。

損益計算書を見れば、その人(会社)の1年間の収入と経費を引いた利益(もうけ)がわかります。

 

「じゃあ、貯金はいくらあるのかしら?♡」

「ん~、稼げるようになるまで苦労したから、貯金はほとんどないし借金だらけです」

「あら~・・・(汗)」

 

このやり取りが貸借対照表です。

貸借対照表を見れば、その人(会社)が今持ってる資産(プラスの財産)負債(マイナスの財産)純資産(返済不要の自己資本がわかります。

 

会社が許認可を取る時、決算書を出す場合があります。

役所が営業許可を出した後に、経営難でツブれたりして国民に迷惑をかけないかどうか、会社の経営状態をチェックするわけです。

 

 決算書の中でも、貸借対照表のことは、もうちょっと突っ込んでまた書きたいと思います。

 

許認可専門の行政書士事務所に就職するなら知っておきたい決算書の見方 - 「行政書士 求人」で検索するのはもうヤメろ!

 


行政書士 ブログランキングへ

スポンサーリンク